銀行でも消費者金融でも、女性専用を謳ったレディースローンを用意するところがあります。レディースローンと聞くと、女性なら審査に通りやすいのではないかと思ってしまいそうですが、実際はどうなのでしょうか。

レディースローンのできた理由

まず、結論から言うと、レディースローンが女性に審査の甘いカードローンというわけではありません。女性のために作られたカードローンですが、基本的には金利や限度額等、条件は一般的なカードローンと同じです。

では、なぜわざわざレディースローンが作られたのかというと、それは女性に対するカードローンのイメージ向上です。今はそれほどでもないですが、以前は消費者金融などに悪いイメージがあり、法外な金利や怖い取り立てなど不安を煽る要素がありました。

そのため、カードローンを利用したことのない女性は利用に抵抗を感じることが多く、お金が必要でもなかなか利用してもらえなかったのです。そこで、消費者金融業者は(銀行も)、女性でも安心してお金が借りられることをアピールするために、女性だけが利用できるレディースローンを作ったのです。

レディースローンだからといって特別な違いはない

そういうわけですから、女性が利用しやすい雰囲気があるだけで、レディースローンの審査が女性に甘いということはありません。一般的なカードローンと同じく、申し込んだ人のうち一定の割合の人が審査に落ちています。

レディースローンでお金を借りるにも、やはり安定した収入があって過去に金融事故を起こしていないことが重視されるのです。実際、消費者金融大手の商品スペックや審査時間を比べてみても、レディースローンと一般のカードローンに大きな違いはありません。

アイフルの提供する「SuLaLi」というレディースローンが、借り過ぎを防ぐために限度額を10万円と低めに設定していることが違うぐらいで、それ以外の業者は一般のカードローンもレディースローンもほぼ同じ内容です。

レディースローンのメリット

では、レディースローンを利用する意味がないかというと、そんなことはありません。レディースローンには女性専用の窓口が用意されており、女性オペレーターが対応してくれるため、女性が気軽に電話できるというメリットがあります。

また、キャッシュカードのデザインも女性らしさを演出しているものがあり、オシャレで可愛いカードで財布に入れやすいなどの特徴があります。そういう細やかな心配りがうれしいという方は、レディースローンを利用してもよいのではないでしょうか。

このページの先頭へ