払う必要がないのに貸金業者へ払ったお金のこと

過払い金請求なら〇〇法務事務所へ、とか法律事務所がCMをしていますが、過払い金とは何なのでしょうか。過払い金は、利息制限法に基づき計算しなおした時に、すでに借金が払い終わっているのに支払いを続けていたお金のことを言います。

払う必要がないお金を払っていたので、貸金業者に返還請求ができます。司法書士事務所や法律事務所に相談に行くと、引き直し計算をしてくれ、過払い金があるかどうかを調べて、あれば返還請求をしてくれます。

過払い金が発生した理由

なぜ過払い金が発生したのかですが、以前は消費者金融や信販会社といった貸金業では出資法で定められている上限金利29.2%以内であれば利息を取って良いとされていました。利息制限法での上限は借入額が10万円未満では20%、10万~100万円未満で18%、100万円以上では15%ですが、出資法の利息を超えなければ良いとされていたのです。貸金業者のほとんどが29.2%以内の利息を取っていました。

過払い請求ができる人とは

利息制限法の上限金利を超えた利息だった場合、過払い金請求ができます。2008年までに消費者金融などで借金をしていた人は、過払い金が発生しているかもしれません。2008年より前は、利息制限法の上限を超えた金利で貸していたところが多いのです。

過払い金は、借金を返し終わった日から10年で時効となりますので注意が必要です。2008年より前に借金をしていて長期に渡って返済していた人は調べてみると良いかもしれません。

このページの先頭へ