消費者金融=サラ金=怖い?

サラ金というのは、サラリーマン金融の略で、昔の消費者金融をそのように呼んでいました。以前は、サラリーマンを対象にお金を貸していたからこのように呼ばれていたのです。その頃、映画などでサラ金業者が支払いの遅れた顧客に取り立てに行き、怖い人が恫喝するシーンがありました。

そのため、サラ金は怖いところ、つまり消費者金融も怖いところと思っている人はまだいます。総量規制もない頃ですから、消費者金融側もどんどんお金を貸していて、破産する人も多かったのです。しかし今はサラ金と言う呼ばれ方はせず、消費者金融で統一されましたし、法に触れるような取り立てなども一切ありません。総量規制もありますし、無理な融資は行いませんので今の消費者金融は、安心して利用できるところです。

闇金は今もあるので注意

消費者金融と闇金は同じようなものではないの?と思っている人もいるようですが、全く違います。消費者金融は法定利息内でお金を貸していますし、無理な取り立てなどは一切ありません。また、日本貸金業協会に必ず登録して営業しています。

闇金というのは、法定利息も一切無視し、貸金業協会にも登録せず営業しているところです。ブラックリストに載っていて、どこに申し込んでもお金が借りられない人に対してもどんどん高利でお金を貸して、威圧的な取り立てを行ったりするのです。こういった闇金は昔も今も変わらずありますので、利用しないようにしましょう。お金を借りるなら、銀行や大手消費者金融がおすすめです。

このページの先頭へ